パチンコやギャンブルで借金を作る可能性は誰にでもあります

助けて!パチンコなどギャンブルの依存症で借金を作る人

 

 

パチンコやギャンブルで借金を作る人を想像する時に、ほとんどの人は「お金にルーズ」「金遣いが荒い」「計画性が無い」などと考えると思います。

 

 

しかし借金を作るきっかけは、ほとんどの人が人生の中で経験をします。
車を買う時、家を買う時、高級ブランド品を買う時など。
こうして借金を作る、ローンを組むという経験をし、しっかり返済が行えていると、しっかり完済できた経験があると、何かお金が必要な時に借金すればいい、ローンを組めばいい、という考えが簡単に出てくるようになります。
お金を借りても返せばいいと。
遊ぶ金が欲しくなった時も、こういう経験があると簡単にお金を借りてしまう人がいます。

 

 

 

多少生活に余裕がある人は、お金にも多少の余裕があることも多いので、パチンコなどギャンブルで借金を作っても、次の給料で十分返せるという余裕から、毎月借りては返済を繰り返す傾向にあります。
パチンコにはまりすぎる人の中には、仕事を休んで新装開店の時など朝から並んだりする人もいます。
パチンコで勝てれば給料分くらいすぐ取り戻せる、パチンコで勝てれば給料より得、と考えるのです。

 

 

 

まあ世の中はそんなに甘くは無く、パチンコで簡単に勝てるくらいならパチンコ屋は儲かりません
負ける人が大勢いるおかげでパチンコ屋は儲かっています。
よほど運が良くなければ借金は膨らむ一方です。
そのうち借金をパチンコで勝ったお金で返そうなどという、とんでもない妄想がはじまります。
負けても次は勝てる、もうそろそろ勝てるはずなどの妄想も湧いてきます。
パチンコで借金が膨らんでイライラしても、パチンコをしないとこれもまたイライラする、という感じでパチンコ依存症のスパイラルに陥ります。

 

 

 

またパチンコをしていると、千円札が紙切れのようになり、糸目も付けず使ってしまうことが良くあります。
日常の生活では500円の弁当と450円の弁当で悩む人でも、パチンコで千円を入れる時には人が変わってしまいます。
1万円を崩すときには少し勇気がいる人でも、一度崩して千円札になってしまうと簡単に使ってしまいます。
これがエスカレートすると1万円札まで紙切れのようになり、さらに進むと店内のATMでお金を下ろし、隣の消費者金融でお金を借り、どんどん借金地獄の人生に落ちていきます。

 

 

 

この借金地獄から抜け出したいと考えている人、こうした人が家族や恋人にいるという人は、パチンコ依存症プログラムを試してみる価値はあると思います。
依存症になっている人は、ただ普通の生活を送ることに憧れを持ち始めているならプログラムを実行してみましょう。

 

 

>>パチンコ依存プログラムを試したい方はこちら