パチンコやめたいのに全くやめられない時は病院で治療する人も

パチンコやめたいのに全くやめられない時は病院で治療する人も

 

 

パチンコやめたい!と思っている人は多く、何となくやめたいと考えている人や、重度の依存症でやめたいと思っている人まで、様々です。
昔「ダイエットは明日から」という言葉も流行りましたが、軽い人では「パチンコは明日からやめよう」という程度ですが、パチンコの依存症になっている人は、パチンコの「パ」でも反応してしまい、一度「パチンコ」という文字が頭をよぎると禁断症状のようにイライラしたり集中力を欠いたりします。

 

 

こんな人たちは病院で治療するというケースも少なくありません。

 

 

 

治療はセックス依存症と同じように、興奮や欲求を抑える治療が主となります。
しかし興奮や欲求が満たされたときに感じる快楽や爽快感などは人間の本能的な欲になるので、なかなか治療も難しいのが現実です。
一度治ったと思っても、数か月するとまたパチンコを始めてしまう人も多くいます。

 

 

 

パチンコをやめる方法としてよく言われるのが、パチンコする暇が無いくらい何かに夢中になるとか暇が無いくらい仕事するとか、またはパチンコする金が無くなれば、など。
しかしパチンコ依存症になる人は仕事を休んででもパチンコに行くし、お金が無くても借金してまでパチンコをします。
依存症というのは病気なのです。

 

 

 

治療にかかる費用としては、通院は1日数千円〜。
入院すると病院にもよりますが1日数万円かかる場合もあります。
治療の種類によっては高額になっていきます。
また治療には家族や恋人などの助けや支援が重要となってきます。

 

 

 

そうなると、パチンコで借金を作った人、借金まで作っていなくても貯金がほとんど無くなっている人などには、簡単に通院すらできないかもしれません。
また、なかなか家族などには相談できないという人もいると思います。

 

 

 

そんな時、もし1回の料金で治る可能性があれば、1回の料金で治るプログラムがあれば、試してみる価値はあると思います。
まずはプログラムを実行して、パチンコをしない生活を1日乗り切るところから始めてみてはどうでしょうか。
結果、その1日1日が7日になり、30日になり、と増えていけば、パチンコをしない平和な生活が、自然と送れるようになっていきます。

 

 

>>平和な生活が送れるようになったプログラムはこちら