パチンコ依存症の体験談は決して他人事ではありません。

パチンコ依存症の体験談は決して他人事ではありません。

 

パチンコの体験談を読んでいると、やはり勝った時の喜び、儲けた時のちょっとお金持ちになった優越感が忘れられず、もう一度それを味わうために何度もパチンコに行ってしまうことが多いようです。
友人や知人に勝った時の自慢をしていると気持ちが良いものです。

 

負けた時、損をした時には、「昨日もパチンコに行ってたの?」というくらい全く話題にしないのに、勝った時、儲かった時の話しは止まりません。
ブログやSNSや電話など、とにかく自慢話しが尽きません。

 

 

ここが意外と落とし穴ではないでしょうか。パチンコでは負けることの方が多いはずなのに、勝った時だけはブログやSNSで報告したり、飲み会などで友人と会ったときにも勝った話しは聞きますが負けた話しはなかなかしないものです。
勝った時の話しばかり聞いていると、パチンコをほとんどやっていない人でもやりたくなったり、自分も行ったら出るかな?なんて思いが強くなり、ついついパチンコに行ってしまいます。

 

 

 

体験談というのは前向きなものが多く、攻略法などを書いてくれる人もいたり、読んでいるとパチンコがしたいという欲求がどんどん高まっていきます。
体験談を自分のことのように、自分もこんな体験ができる!という思いが強くなり、こんな体験談を参考にどんどんはまってしまい、依存症になってしまうケースもあるようです。
体験談が他人事ではなくなってきます。

 

 

 

体験談の中にも「パチンコやめたい」「パチンコ依存を克服しました」というものを見かけます。
やはり依存症に苦しんでいる人は多いのでしょう。
多少お金に余裕があるうちは罪悪感があっても楽しみの方が勝ってしまい、やめられません。
というか本気でやめようという考えになりません。
ほとんどの人は生活費が無くなったり、借金を作って首が回らなくなり、どうしてもやめる必要に迫られて、やっと本気でやめる決心が付きます。

 

 

 

借金地獄になってもやめられない人もいるようで、パチンコはまるで麻薬です。
人生を棒に振る前に何とかしたいと考えている人は、パチンコ依存症を克服するプログラムマニュアルを使って、普通の生活を取り戻すべきです。

 

 

>>パチンコ依存を克服するプログラムはこちら